離乳食の食べさせ方〜コツを掴んで上手に離乳食を食べさせよう〜(スプーン編)

2020年4月4日子育て, 離乳食

更新内容(体裁の修正)

 

 

こんにちは!ふすきーさんです(*´ω`*)🎶

  

 

離乳食を始めたての時、ふすきーさんは上手く食べさせられずに困ったことがあります。

 

作ったご飯が原因であることや、子どもの成長がまだ追いついていないなど原因は様々ですが、

 

食べさせ方のコツ、特にスプーンの使い方を知ったことで、不思議と食べてくれるようになりました。

 

今回は、この経験をもとに記事を作りましたので、離乳食を食べてくれなくて困っている方は是非ごらんください!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



食べさせ方のコツ

食べさせ方のコツを知ることで、不思議と食べてくれるようになったりするものです。

 

”コツ”と一口に言っても、その中でも色々あります。

 

  • 環境
  • 時間
  • 食べさせ方

 

など、実に様々です。

 

この中で、今回は食べさせ方にあたる、スプーンの使い方についてお話していきます。

 

 

 

 

 

具体的な食べさせ方

 

食べさせるものは、始めたてということで10倍粥を想定してお話しします。

 

なお、10倍粥の作り方については、こちらで色々な方法をご紹介していますので、自分のライフスタイルにあった方法で作ってみてください。

 

10倍粥をスプーンの先端に乗せる

↑ あまりふっくらと盛らないことがポイントです。

 

※今回は見やすいように、10倍粥に人参のペーストを混ぜて色をつけたものを使用しています。

 

 

 

 

 

 

スプーンを赤ちゃんの下唇に乗せる

 

スプーンの先端を赤ちゃんの下唇に軽く乗せて、赤ちゃんが上唇でとり込む動きを待つ。

 

 

 

 

 

 

 

スプーンを水平に引き抜く

 

離乳食を口の中に入れ、赤ちゃんが口を閉じたら、スプーンを水平に引き抜く。

 

 

 

 

 

 

注意点

 

・スプーンを赤ちゃんの上唇や上あごに押し付けないこと!!

 

最初は、口の中に食べものを取り込み、飲み込める位置まで運ぶ練習をしています。

 

スプーンを上唇や上あごに押し付けると、その練習にならないので気をつけましょう。

 

 

 

 

・スプーンは口の奥まで入れないこと!!

 

スプーンを口の奥まで入れるのも、唇や舌を使ってのどの奥へ食べものを運ぶ練習の妨げになるので、気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

スプーンで離乳食を食べさせるコツは

 

  • スプーンにのせる量を控えめにする
  • 赤ちゃんの口に入れるときは下唇にのせる
  • スプーンを引き抜くときは水平に

 

ふすきーさん

スプーンの上手な使い方を知って、この記事を読んでくださったあなたは、ぜひ上手に食べさせてあげてください。

 

 

 

 

補足

この前までは順調に食べていたのに、なぜだか食べてくれなくなったら、、、

 

離乳食の形態を一つ前の段階に落としてみる!

 

赤ちゃんの口腔機能、消化機能の発達に対して、離乳食の進み具合(形態のアップ)が早いと食べにくいことがあります!

 

ちゃいふす家の長男も 硬いから食べない!大きいから食べない! ということがありました😂

 

 

 

  

それでは、楽しい子育てライフを😌

スポンサーリンク